自然を楽しむ自然と遊ぶ馬瀬の歴史馬瀬を味わうゆったりと過ごす 馬瀬写真館 ガイドマップダウンロード鮎のレシピ

ホーム >> 馬瀬の歴史(一覧表示)

次のページへ>>

中切雌獅子、雄獅子(中切地区)

 中切雌獅子・雄獅子は、毎年4月29日に中切地区貴船神社で奉納されています。

数河獅子(数河地区)

 数河獅子は、毎年4月29日に数河稲荷神社で奉納され、宝暦3年(1753年)に伊勢神楽として伝えられたと言われています。

十王堂(惣島)

十王堂とは、冥府で死者を裁く十王をまつる堂を言います。この十王堂はもともと旧川西村(現下呂市萩原町)の野上地区と羽根地区の境辺りにありました。それが馬瀬惣島大野地区に移築され、やがて八幡神社境内へ移築されたと伝えられています。建築年代は江戸時代と推定されています。

五輪塔(西村)

五輪塔の起源は、平安時代末期から鎌倉時代と言われ、納骨や供養の為つくられ、弘法大師の発案とも言われています。

蓮如岩(中切)

お坊さんの生像が浮かび上がった岩で、この地に布教に訪れた蓮如上人のお姿と言われています。

次のページへ>>

↑上に戻る